Entries

ボクもカキカキして欲しいの と ウラジオストク旅行 その5

タロとオウの世界へようこそ~☆

やっと新しい職場にも慣れてきて
久しぶりに充実した日々を過ごしています

先週末はお仕事に関する書籍を買いに
旦那さんと東京駅にある八重洲ブックセンターに
行ってきました

こちらの本屋さん
最近ポイントカードなるものを始めたらしく
なんとキャラクター(?)がオカメインコちゃんなんです(たぶん)

先日はうちわをいただいたのですが
このうちわにもオカメインコちゃん(たぶん)が
描かれています♪

2018050727.jpg

我が家は本は専門書から雑誌から小説まで
ガッツリ購入するので
ポイントはすぐに貯まると思います♪

2018050728.jpg

この日はポイントが5倍だったので
旦那さん、調子に乗ってたくさん購入したら
なんとそのうち3,000円ほどする専門書は
既に購入済であったことが判明・・・

とほほ・・・お得だからといって
すぐ飛びついちゃいけないですね



さて、それでは今日もいってみましょ~☆



珍しく甘えたさんのタロちゃん
2018050724.jpg
タロ:飼い主はん、カキカキしてくれまっか?



2018050723.jpg
タロちゃん、カキカキしてもらってウットリご機嫌です



2018050722.jpg
タロ:ん~そこそこ、そっこやねん



2018050725.jpg
タロ:あー気持ちええわ~




2018050726.jpg
タロちゃん、さっきから後ろでオウちゃんがガン見しているよ・・・



[広告] VPS

やきもち焼きのオウちゃんは
タロちゃんがカキカキしてもらっていると
気が気でないらしく、ソワソワ、ウロウロして
最後にはタロちゃんを攻撃しにやってきます

カキカキは平等にやっているつもりなんですけどね・・・



ここから下は
ウラジオストク旅行記のつづきです

ご興味のある方はどうぞ~!


M姉さんと、今回のロシア旅行では
マリインスキー劇場で本場ロシアのバレエを
観ようって事にしていたのですが
キタイスキー市場でお買い物に夢中になっていたら
バレエのチケット販売時間が過ぎていた・・・



201805071.jpg
仕方ないのでフェリーに乗って
金角湾クルーズをしようって事にしたのですが
チケット売り場の窓口のオバちゃんが
なにかロシア語で言い
チケットを売ってくれない

私たちの後ろに並んでいる人たちは
どんどんチケットを買っていくのに

英語も日本語も通じないので
私たちは身振り手振り・・・

あきらめかけた時、M姉さんが
「もしかしてここって遠距離のフェリー乗り場じゃない?」と



そうか!どうりで入り口入る時に
飛行機並みのセキュリティーチェックだったわ



お向かいに近距離のフェリー乗り場を見つけ
チケット売り場に行ったら
窓口のお姉さんがドアのカギを締めながら
「残念だけど今日はもうクローズです」だって



ツイてなーーいっ!



201805073.jpg
途方に暮れて港をうろつくM姉さんと私・・・



201805072.jpg
結局、バレエもフェリーも体験できず・・・



しゃーない、海辺で夕日でも見るか!と
早速移動



201805074.jpg
どうですか?
ロマンチックでヨーロピアンな風景



201805075.jpg
広場の噴水の向こう側には
西へ傾いていく太陽



201805076.jpg
海辺のお散歩コースはいろんな出店が出ています
こちらは5Dの映像が楽しめるバス(?)

5D? 匂い?風?揺れ? あとは???



201805077.jpg
作りかけの台に描かれているのは
ロシアに住む幻の動物クロテン(かな?)



201805078.jpg
男の子たちがジャンプ台の上で
スケボーや自転車で遊んでいます

こんな楽しそうな青春の光景は
どこの国も変わらないのですね



201805079.jpg
市民のスポーツセンター
ジムやプールなどがあるようです



2018050710.jpg
段々と肌寒くなってきました
しばらく歩いていると遊園地を発見!



2018050711.jpg
M姉さんと一緒に観覧車に乗りました




2018050712.jpg
海と港が見えます
キラキラ輝いて綺麗です


・・・私、高所恐怖症でした

ブルブル・・・



2018050713.jpg
反対側は小高い丘にかわいいお家が並んでいます



2018050714.jpg
下を見たら・・・

うおーっ怖いです!
落ちないように守ってくれるのは
錆びた鎖だけなのね

ブルブル・・・



2018050715.jpg
ノスタルジックなロシアのキャラクター



2018050716.jpg
とうとう日が暮れちゃいました

最後の晩餐
ロシアの日本料理屋を冷やかしにGO!

面白メニューがあるといいな♪
と期待する



2018050717.jpg
宿泊していたホテル近くの
『SAKURA』に行きました

アルデンテの天ぷらうどん、から揚げ、巻きずし

から揚げはニンニク風味で
ビールによく合う!



2018050718.jpg
ロシアは基本はお茶の国です
(ちなみにロシアンティーとはジャムを舐めながら
紅茶を飲む事です)

この写真のお茶はオレンジ、ベリー類、ハーブが入っていて
フルーティで爽やかな酸味がありとても美味しかったです



2018050719.jpg
見た目も綺麗で食べて美味しい巻きずしでした
と言っても、私は満腹で
M姉さんがしっかりと食べてくれました~♪

今回もあっという間の3泊4日の
極東ロシア、ウラジオストクの旅でした

もう少しロシア語をお勉強して
今度はモスクワに行ってみたいです!

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

枝豆だいすき と ウラジオストク旅行 その4

タロとオウの世界へようこそ~☆

いい陽気になりましたね

先週末は久しぶりに
幼馴染の親友と夜中までお酒を飲みながら
語り合いました

恋の話 → 結婚の話 → 家庭の話 → 仕事の話

そのときの年齢によって話題も変わってきましたが

うん十年も付き合っていると
お互いの酸いも甘いも知り尽くします

そして、彼女には私の人生の逆境の時に何度も救われました

これからも変わらずに親友の事を大切に思い
ずーっと友達でいたいなあと思うのでした



さて、いってみましょ~



今日のおやつはふたりの大好きな枝豆ですよ~
(皮をむいてあげます)
201805291.jpg
偏食王のオウくんですが、枝豆は大好きです
無我夢中で食べています



201805292.jpg
おめめがこぼれ落ちそう
必死です



201805293.jpg
タロくんの分もちゃんとありますよ



201805294.jpg
タロくん、しゃくれながら食べています



201805295.jpg
自分の分をモリモリ食べながら・・・



201805296.jpg
なぜか気になるようで・・・



201805297.jpg
横目でちろちろオウくんをチェック



201805298.jpg
志村、オウくん、後ろ後ろ!(これわかる人は昭和の人ですね(笑))
タロくんはオウくんの枝豆を狙っています

※ふたりともちゃんとお腹いっぱい枝豆を食べました~



ここから下は
ウラジオストク旅行記のつづきです

ご興味のある方はどうぞ~!



201805299.jpg
5月9日は戦勝記念日(1945年にドイツに勝ったということで)です
毎年ロシア国内のいろんなところで大きな催しが開催されます
この写真は少年のコーラス隊です
市民が声を合わせて一緒に歌って盛り上がっています

このあと、壇上でオジサンの演説が始まったとたん
市民のみなさん、サーーーッと引いて行きました(笑)
あからさまで、オジサンちと可哀そうでした・・・



2018052910.jpg
ウラジオストク駅とバスターミナルです



2018052911.jpg
スタローバヤと呼ばれるロシアの大衆食堂でランチです
店員さんにこれとこれをくださいと言って取ってもらう形式です



2018052912.jpg
本場のピロシキは揚げたものではなく
焼いたパンの中に具が入ったものです
具はキャベツ、ジャガイモ、卵などです
とても素朴なおふくろの味、って感じです



2018052913.jpg
お肉の気分ではなかったのでサラダを頼んだつもりが
下の方の茶色いものはレバーペーストでした・・・



2018052914.jpg
お肉の気分ではなかったのでサラダを頼んだつもりが
細切りの燻製のお肉がたっぷり入っていました・・・



2018052915.jpg
野菜スープを頼んだつもりが
角切りのハムやベーコンがたっぷり入っていました



ロシアの方は本当にお肉が好きなのですね・・・


(お肉も頑張って)美味しく頂きました!!!



2018052916.jpg
ピロシキはキャベツが入ったものでした

スタローバヤはお手軽価格で
美味しいものが食べられる
まさに大衆食堂でした!



2018052917.jpg
お腹いっぱいでこの絵の男の子のようになりました



2018052918.jpg
大衆食堂もノスタルジックでお洒落ですね



食後はまた散策です



2018052919.jpg
ロシアマダムたちの御用達
グム百貨店です
ブランドのお店ばかりなのでスルーです



2018052920.jpg
またまたアーティスティックな壁画(?)を
発見しました
アムールトラ(かな?)がいっぱい
深い意味が込められていそうな絵です
ウラジオストクは芸術的な人が多いのですね



次はお土産屋さんにGO!



2018052921.jpg
斧のような包丁のようなナイフ?
一体何を切るのでしょうか???



2018052922.jpg
かんざし?
なかなか斬新ですが、痛そうですよね・・・



2018052923.jpg
ホフロマ塗りの食器です
レトロで温かみのあるデザインですよね



2018052924.jpg
ジュエリー入れたち
ネズミちゃんの目が怖いです・・・



2018052925.jpg
ロシア教会を模したオルゴールです
たくさんのキノコのようで可愛いですね



2018052926.jpg
いろんな表情をしたマトリョーシカたち
どの子がいいか探すのも楽しいです♪



ロシアの雑貨ってなんでこんなに可愛いのでしょうね
昔懐かしの感じが昭和っこ(笑)の心をつかむのかな?



つづきます
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

天空のお城 と ウラジオストク旅行 その3

タロとオウの世界へようこそ~☆

今週の月曜日から新しいお仕事が
スタートしました

少しずつ慣れてきましたが
まだまだ覚えることがたくさんあります

最初はちょっと辛いけど
働けるうちが華ですよね

それにしても食堂がある企業さん
本当にありがたいです

誰かが作ってくれるお昼ご飯を
温かいうちに食べるのって
久しぶりです!

明日からまた頑張ります!



それでは、今日もいってみましょ~☆



古くなった洗濯物ハンガーを利用して
オウくんにジャングルジムを作ってあげました

2018052017.jpg
オウ:新しいジャングルジム、嬉しいなあ・・・
    しかし飼い主さん、なんで下からの
ショットなんですかね?


飼い主:うしし



2018052018.jpg
オウ:ウンチしちゃうぞ


飼い主:いやぁぁぁっ、待って待って!



2018052019.jpg
オウ:この天空のお城はジャングルジムに
なっているから遊べるし
   お部屋の中を一望できるんだよ



2018052020.jpg
オウ:ボクが一番好きなのは
    この止まり木をしばりつけてる紐を
    ハミハミチュッチュすることなんだ



[広告] VPS

オウくん下から覗かれていることに不信感いっぱいです!



ここから下は
ウラジオストク旅行記のつづきです

ご興味のある方はどうぞ~!



201805201.jpg
3日目はバスに乗って
大きな市場『キタイスキー市場』に
出かけることにしました

私 『M姉さん、ガイドブックによるとキタイスキー市場は
   ロシア語で中国市場って意味らしいよ・・・
  まさか、私たち巨大な百均に行こうとしてる?』

M姉さん 『ま、まぁ、とりあえず行ってみよっか』



201805202.jpg
若干不安になりながらも
バスに揺られて30分
キタイスキー市場に到着しました



201805203.jpg
ブルーシートの屋根
崩れてきそうですけど、大丈夫ですか?

早速散策です!



201805204.jpg
野菜やキノコの塩漬け(ピクルス?)を売るお店です
どんぶり飯を用意して一品ずつ試食してみたいです



201805205.jpg
ウラジオストクは沿岸地域なのに
売られている魚は種類が少なく
なぜかほとんどが冷凍状態です

魚を食べる人はあまりいないのでしょうか?



201805207.jpg
怪しげな(?)白い塊を売っているお店



201805208.jpg
ケフィア(ヨーグルトのようなもの)のお店でした
酸っぱくなく、ほんのり乳製品の優しい甘さで
美味しいお味でした



201805209.jpg
お豆やらナッツやらが売られている乾物屋さんです
後ろに描かれている絵が気になります・・・



2018052010.jpg
整然と並べられたフルーツたち
お兄さんもキリッとしたイケメン君でした!



2018052011.jpg
お肉屋さんと一発でわかる絵ですね
売られていたお肉は大きなブロックで・・・
生々しかったので自粛します・・・



2018052012.jpg
なにこれ?土?ブロック?
答えはチャーガという、サルノコシカケ(きのこ)の
一種だそうです

M姉さん、帰りの空港でお土産に
チャーガの健康ドリンク買ってたけど
飲んだかなぁ?



2018052013.jpg
ウラジオストクははちみつが有名です
3種類購入しました(菩提樹、花畑、なにかの花)
殺菌されていないので独特な香りがありますが
レモンのような牧場のような複雑な風味が楽しめます



2018052014.jpg
お菓子屋さんです
色とりどりのお菓子が並んでいて
ワクワクしますね♪

ちなみにロシアンルーブルのレートは
1ルーブル≒2円でした

計算すると、お菓子、お安いですよねぇ♪



2018052015.jpg
私はビスケットが大好きなので2種類購入しました
あまり甘くないので
朝、コーヒーに浸して食べると
美味しい朝食になると思います

このお店は年配の方に人気らしく
おじいちゃん、おばあちゃんでごった返していました



2018052016.jpg
ドライフルーツが好きなので
大きな袋で購入したのですが
日本と違ってすべて種入り・・・
自然な甘さで美味しいのですが
食べるのがちょっと面倒くさいです(笑)



キタイスキー市場、巨大な百均と思っていましたが
実際はロシアのいろんなものが売られている
楽しいところでした♪



つづきます
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

粟穂いっぱい と ウラジオストク旅行 その2

タロとオウの世界へようこそ~☆

先日、やっと派遣会社から回答が来ました

当初の求人の条件に対し
業務内容、就業時間、契約期間の
変更があるとの内容でした

えぇっ!?

回答を待たされた挙句
結構大幅な条件の変更・・・不安だわ

ま、まぁ、やってみるか・・・( ゚Д゚)

な、なにごとも経験でしょう・・・か!?



とりあえず、今日もいってみましょ~



201805141.jpg
鏡大好きのタロくん
今日も鏡の中のタロくんに頭カキカキをお願いしています



201805142.jpg
タロ:いつんなったらカキカキしてくれはるん?



201805143.jpg
タロ:しっかし、ワシのお部屋
   粟穂がぎょうさんあんのはなんでやろな




201805144.jpg
両脇はこんぱまるさんで購入した赤粟穂
中央の巨大な粟穂は近所のペットショップで
購入したものです



201805145.jpg
オウ:ボク、粟穂は大好きなんだけども



201805146.jpg
オウ:いくらなんでもこんなにたくさんは
   食べられませんよ
   しかも一番向こうの大きいの
   おっかないです・・・



201805147.jpg
オウ:飼い主さん、後ろめたいことがあると
   こんな風に無茶するんだよねえ



201805148.jpg
オウ:G.W.に自分だけ旅行に行ったから
   その罪滅ぼしのつもりらしいですよ



ふたりとも旦那さんんとお留守番してくれてありがとう!

タロくん、全部モリモリ食べてくれました!
オウくん、粟穂は赤じゃないと受け付けないそうです!

ガクッ





ここから下は
ウラジオストク旅行記のつづきです

ご興味のある方はどうぞ~!



201805149.jpg
ウラジオストク駅です
(乗車券なしでもホームまでは入れます)
この柱はモスクワまでのシベリア鉄道の発着点を
示しています
モスクワまでは9288km、7日かかるそうです



2018051410.jpg
蒸気機関車が展示されています



参考までですが昨年シベリア鉄道に乗車した時の写真です↓
2018051434.jpg
時刻表はすべてモスクワ時間です
ここはウラジオストクなので
乗車時間を間違わないように要注意です
(2017年撮影)



2018051435.jpg
駅舎の中です
(2017年撮影)



2018051436.jpg
照明もレトロで素敵でした
(2017年撮影)



2018051433.jpg
シベリア鉄道オケアン号です
車中1泊でハバロフスクまで向かいました
(2017年撮影)



2018051437.jpg
M姉さんと一緒に
旅行で知り合った女性と
夜通し食堂車で語り合いました
(2017年撮影)



2018051411.jpg
さて、ホテルに戻り
ベーカリーで購入したパンでランチです



2018051422.jpg
こちらは黒糖蒸しパンのようなお味でした



2018051412.jpg
そして今回の旅のメイン
地下シェルター探検ツアーです
入り口でピースする陽気なガイドさん



2018051413.jpg
一歩入ると古い書庫のような
ほんのりカビ臭く湿った匂いがしてきます



2018051415.jpg
ウラジオストクには19世紀後半より
KGBが大戦に備えてこのような地下シェルターを
作ったそうです
現在でも700ほど存在するそうですよ



2018051416.jpg
この扉は900kgほどあり
一旦閉めると水もガスも通さないそうです



2018051417.jpg
この地下シェルターは大きな台風でダメージを受け
シェルターとして使えなくなってしまったので
今では観光ツアーなどに使われているのですが
他に存在する地下シェルターは
今でも詳細は極秘なのだそうです



2018051418.jpg
大雨が降ると壁から鉄分やら
なにがしかのミネラル分がしみだしてきて
足元に蓄積していくそうです(下のオレンジ色のもの)
私が訪れた時も前日に雨が降ったので
履いていたモカシンはぐっちゃぐちゃになりました(;´Д`)



2018051419.jpg
壁に掛けられているガスマスク
ガイドさんに「使われたことはあるのですか?」?と
聞いたところ
「うーーん・・・ただいま練習中です!」だって



2018051420.jpg
通信室です
ここから警報を発令したり
暗号を送ったり、偉い人に連絡したりしたそうです
ガイドさんおもむろに受話器を取り
「モシモシー、アベサン(日本のトップの人)?」だって(笑)



2018051421.jpg
当時の軍人さんの格好をした
イケメン(?)マネキンさんと、はいポーズ


真っ暗な廃墟の中の肝試しのようで
最初はなんだか怖かったのですが
おちゃめなガイドさんの案内で
秘密めいたいろんなお話を聞けて
大変興味深かったです!

みなさんも是非行ってみてください!
ただし、汚れてもいいスニーカーで
行ったほうがいいですよ~



2018051423.jpg
そして夕食を食べにレストランに向かいます

壁には落書きとは思えない
ハイレベルな絵が描かれています



2018051424.jpg
立ち止まって見とれてしまいます



2018051425.jpg
こちらはなんだかアメリカっぽいですよね



2018051426.jpg
到着したのは北朝鮮レストランです
果たして日本では食べたことがないようなものが
出てくるのでしょうか??



2018051427.jpg
どんな料理なのかと思いきや
こちらは美味しいカクテキです



2018051428.jpg
じっくり煮込んだ牛リブの煮たものと
タレなしの海鮮チヂミです



2018051429.jpg
ちょっと薄味のキムチチャーハン



2018051430.jpg
普通に美味しい冷麺

フロアでは日本語が聞こえ
メニューも日本語でしたので
日本人が結構訪れるのだと思います



2018051432.jpg
店内はこんな感じです
店員のお姉さんはいずれも綺麗な人ばかりでしたよ~



2018051431.jpg
行きは大きな水たまりばっかりで
大型の車がビュンビュンの道路を
恐る恐る1時間ばかし歩いたのですが
帰りはタクシーで5分くらいでした・・・

2日目終わり!

つづきます
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

 ウグイスの声 と ウラジオストク旅行 その1

タロとオウの世界へようこそ~☆

長雨が続いたと思ったら本日の東京は初夏のようです

天気がいいのでお出掛けをしたいところですが・・・

先週、意を決して派遣のお仕事にエントリーしたのですが
未だ結果連絡がありません・・・

今日あたりあるかもしれないので自宅待機です
ふぅ、ドキドキです



それではいってみましょ~☆



201805121.jpg
オウ:みなさん、こんにちは



201805122.jpg
オウ:ボクの換羽はそろそろ終わりなの
   換羽の時は栄養をつけるために
   大好きな茹で卵を食べられるから
   楽しみなんだよねえ
   


201805124.jpg
オウ:今日はね、不思議な鳥さんの声をご紹介しますね




201805123.jpg
オウ:とってもきれいなお声なんですよ
   ボク、ちょっとビックリしちゃったけどね 


[広告] VPS

珍しく我が家の近くにウグイスがやってきて鳴いています
隣のマンションに反響した大きな声に
オウくんもビックリしています

野鳥の声って癒されますね



ここから下はG.W.にM姉さんと行った
ウラジオストク旅行記です

ご興味のある方はどうぞ~!



201805125.jpg
成田空港から黄緑色のS7(ロケットではありません(笑))に乗って
ウラジオストクへGO!
フライト時間はおよそ2時間ほどです
台湾より近いんですよ~



201805127.jpg
ウラジオストク空港からホテルに到着すると
もう20時です
外出はあきらめてホテル内のレストランで夕食です
M姉さんはアラビアータ、私はカルボナーラ
ウラジオストクのビールは軽くフルーティで飲みやすいです



201805128.jpg
翌日は午前中に街なかを散策
これはキオスクです
雑誌、おもちゃ、パンなどいろんなものが売られています



201805129.jpg
ウラジオストクは日本から一番近いヨーロッパと言われるほど
極東とは思えない美しい街並みです



2018051210.jpg
中古の日本車が人気らしく
日本語の書かれた車がたくさん走っていました



2018051211.jpg
こちらでは街なかの落書きもアートです
今ではロシア沿岸部にしか生息しない
アムールトラの絵でしょうか
ちなみにロシア人はトラとクマと猫が大好きなんですよ



2018051212.jpg
公園です
残念ながら犬の大きな〇ンコがたくさん落ちていました
踏まないで遊ぶのは至難の業でしょう(汗)



2018051213.jpg
アルセーニエフ国立記念沿岸地方博物館(ながっ!)
坂の途中にあるので写真を見ると変な感じですね
沿岸部の歴史について学んでみましょう!



2018051214.jpg
沿岸地方に生息する生物たち
緑のエビかぁ・・・食欲わきませんなぁ



2018051216.jpg
なんと博物館内に猫ちゃん発見
ふんわり毛並みの気品のある猫ちゃんです



2018051217.jpg
ロシアではネズミが展示物をかじならいように
博物館や美術館で猫を飼っているようですよ



2018051215.jpg
沿岸部に渤海国が栄えていた頃の女真族の王の墓です
ヨーロッパ風文化の中にいきなりアジアンテイスト
しかも像の首から上がもがれていますよ・・・

この地が多くの民族に翻弄されてきたことがわかりますね



2018051219.jpg
国立博物館なのに展示の仕方がアーティスティック
キリル文字が読めなくても楽しめます



2018051218.jpg
ウラジオストクが貿易で栄えたいた頃の
輸出品(と思われます)
港街、海軍港、漁師の街、いろんな顔を持っています
1900年前後は日本人も多く住んでいたんですよ



2018051220.jpg
私たちが訪れた日は社会主義国家を建設した革命家
レーニン特集を開催していました



2018051221.jpg
レーニンの思想についての賛否は置いといて
今でも多くの人に慕われているんですね



私のロシアのイメージは今でも冷戦時代の旧ソ連です

今回の旅行で案内してくれた
モデルのようにお洒落で美しいガイドさんは
『今の若い人と冷戦時代を経験している人は考え方が
全く違います』とおっしゃっていました。



あの頃、TVのニュースで見たソ連は
雪の中、毛皮の帽子をかぶった人々が
長ーーい列を作って店に並んでいる図

でもお店の商品はスカスカの状態

子供心にあの列に並んでいる人たちは
欲しいものが手に入ったのだろうかと
気になったものです



現在のロシアの街なかはブランドショップが立ち並び
物があふれています
休日は多くの家族で買い物やレストランでの食事を
楽しんでいます



でも、ひと昔はいなかったであろうホームレスの人たちも見かけました


今と昔どちらが幸せな世界なのでしょうね

つづきます
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

Appendix

プロフィール

てれんぱん

Author:てれんぱん
タロとオウと一緒になって
歌って舞うのが好きなパート主婦
旅行、料理、Art観賞、お祭り、
鳥さんグッズ集めが好き☆

オカメ坊ちゃんズ

ペットショップで見つけた2羽にはなぜか「極上品」の文字が!? taro110718 268 カレンダー タロ - コピー 2 タロ(ルチノー♂) 2010年2月始め生まれ(いつもパワフル、コミカルな動きで笑わせてくれます)             oh110225 012 3 桜/オウ(ノーマル♂) 2010年2月中旬生まれ(小柄で甘えん坊、おっとり癒し系です)

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR